バニバニとシエルのでこぼこ日記

甘えん坊なトイプー、バニラと、ビビり~なコイケル、シエルの日常を綴っていきます。

第18回しつけ教室

今日は暖かかったですね。

しつけ教室で動いた後は、車の窓を全開にして帰りました。


さて、今日は18回目のしつけ教室でした。

早めについたので、車の近くでちょっと練習をしていたら、いつの間にか先生が着いて後ろから見ていたようで、練習方法のアドバイスをいただきました

DSCN9370_convert_20170130160507.jpg
(ボケてますが、シエルの手が可愛い

レッスンでは一通りCD-1の科目を練習。

今日言われたことは、もっとマメに、そしてオーバーリアクションで褒めること。

お前ができてうれしいよ、と身体を使って伝えること。

(でも、シエルの場合、黄色い声はダメ)

例えば、コイ、アトヘ、ができたとき、私はアトヘについたときに

「そう、それでいい」

と、一回褒めるだけでしたが、先生は、その間に3回は褒められると。

コイで近づいた時。

自分の横に来た時。

脚側に入った時。

DSCN9373_convert_20170130160522.jpg
(アップでもボケてますが可愛い

褒める言葉も、よし!など、テンポのよい、歯切れのよい言葉の方が犬には伝わりやすいようです。


そして、私が懸念していた、フードがないとのろのろ…の件ですが、今は考えなくてもいいと。

フードをたっぷり使って構わないとのことでした。

立止も、フードがあるからやってますが、コマンド自体を覚えてないような感じです、と言ったら、

「フードがあるならできるっていうことは、コマンドは覚えている。覚えててできないふりをしているだけ。それにまんまと○○(私の名前)さんはだまされている」

と…

DSCN9362_convert_20170130160422.jpg
(私が仕事から帰ると、期待のこもった眼で見つめて座って待ちます。この後、「OK!」というと、飛びついて喜ぶのです…可愛い…)


あとは、フードの喜び、嬉しさだけでなく、義務感、真剣な気持ちも少しずつ入れる。

先生が言われるのは、カレーの中のニンジンのように、と。

ニンジンが嫌いな子でも、カレーに入っていたら食べられる。

そんな感じで、楽しさの中に緊張感を持たせてやらせる、ということでした。

なかなか奥が深くて難しいですが、きっとそれも一歩登ったら余計楽しくなるんだろうな、と思います。


全体的には、まあまあできてきているけど、秋の競技会に出るなら、頑張らないと間に合いませんね、と

ただ、シエルが最近やけに甘えるようになってきたということを話したら、

「えっ?○○さんは理由がわかってないってことですか?以前お話ししたと思いますが…」

と言われてしまいました。

「○○さんが、シエルにとってかまってほしい存在になってきたってことです。その前は腕に痣作っていたのに、すごいと思いませんか?」


はぁ~そういうことなんですか…。

それは嬉しいですね

「カウンセリングのころの記憶を書き換えたいですね」(先生)

確かに。あの頃は何だったんでしょう…。

「服従がもっと入ると、かまって、と甘えるだけじゃなく、かまってください、になり、かまってくれてありがとうも入って、ありがとうございますになりますよ」

はぁぁぁ~…そんなもんなんですね。

DSCN9380_convert_20170130160559.jpg
(シエル、コイケルの命の耳のフリンジが…乏しい…)

そうそう、シエルの顔つきも変わってきたと言われました。

私は毎日見ているのでよく分かりませんが(どんなシエルでもめちゃくちゃかわいいですが)、可愛くなった、と。

DSCN9366_convert_20170130160453.jpg
(テレビの犬に戦いを挑むバニラ)

次回までのミッションは、

①立止を確実に。

②脚側行進の強化。

③掛け声や褒め方、歩き方の工夫(ハンドラーの歩き方ひとつで犬の歩様も変わってくるそうで…試してみましたが、本当に全然変わりました)。

と、先生が言ったわけではありませんが、そう感じました。


次回、2週間後までに、頑張ってクリアしたいと思います!


頑張るぞ~オオ~!








ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村


[ 2017/01/30 17:07 ] しつけ教室 | TB(-) | CM(4)

第17回しつけ教室

今日は17回目のしつけ教室でした。

千葉の河川敷はさむかった~

DSCN9301_convert_20170114103532.jpg
(庭で遊ぶ二匹)

今日はなんと!


珍しく褒められました~(私ではなくシエルが)


というか、私のあまりの出来の悪さに先生はかなり危機感を持っていたらしく…

「やればできるじゃないですか!いや~、安心しました」

と(どんだけ心配かけてたんだか)。

DSCN9309_convert_20170114103626.jpg
(汚い部屋の中はスルーで)

ただ、気になったのはシエルの意欲。

普段の練習はフードでやっていて、レッスンはフードとおもちゃを使っているのですが、前にお話ししたように、シエルは全くおもちゃに興味がないのです。

フードはレッスンのときは普段の練習ほど使わないので、いつもフードを使えばさっとできることものろのろ…。

伏せものろのろ…立止ものろのろ…呼び戻しものろのろ…。

見るからに、楽しくなさそう…

(もちろん、楽しくなさそうだからってやめたりせずに義務感でやらせますが)


できたときに、思い切り褒めるのですが、それがシエルにはなかなか届いていない状態。

先生曰く、もっと、大げさに、伝わるまで褒める。

シエルが笑顔になるのが目安、とのこと。


今まで褒めてはいましたが、はっきり言って、フードに頼っていました。

先生は、もちろんフードは使って構わないと言われます。

でも、本番はフードなし。

信頼関係だけが私とシエルをつなぐ絆になります。

DSCN9306_convert_20170114103605.jpg
(上に同じ)

色々コツを聞いてきました。


まず、バニラとの遊びを少し制限する(時間を短くするなど)

ケージから出してほしくてテンションが上がっているとき(私が帰宅したときや朝一番など)にさっと庭で練習。

指示の出し方もためてじらして出したりと工夫する。


などなど。

DSCN9312_convert_20170114103658.jpg
(家の中だとおもちゃをキープして遊んだりするんですよね~

そして、3月から、かねてからの懸案事項であったレッスンの回数を月4回に増やしていただくことにしました。

月二回のペースで今年中に競技会の自信がなかったもので、先生にお願いしてきました。

先生はもともと小田原から千葉が遠いため、ご配慮くださって月二回にしてくださっていたので、快く引き受けてくださいました。


交通費は痛いですが、自分のやりたいことにかける投資なら、頑張って捻出します。

DSCN9320_convert_20170115120048.jpg
(膝の上でうとうとするバニラ。か、かわええ…

次回のレッスンは2週間後の30日。

少しでも改善が見られますように…。


頑張ります!










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村


[ 2017/01/16 17:49 ] しつけ教室 | TB(-) | CM(4)

第16回しつけ教室

今日は、16回目のしつけ教室でした。

貼る写真がないので、昔の動画を。

[広告] VPS

(旅行でホテルに泊まった時。なぜかなかなかクレートから出てこず…)


今日は、アイコンタクトを中心に…

って、以前も書いた気がします。

「○○(私の名前)さんは、レッスンの終わりにはできるようになってるのに、二週間たつと忘れてますよ!」

へへ~い・・・

も、申し訳ありません…。


で、でも、アイコンタクト、難しくて…

シエルが私を見てないときは、リードでショックを与えるのですが、私のは弱すぎ。

やるときは全力で、一回で目を見るように。

これ、痛くて苦しそうですが、私のように中途半端な力でやると、結局シエルはバカにして私を見ない、それだから私がまたショックを使わないといけなくなる、それでも私のショックは中途半端…以下、エンドレス…。

結局ショックや叱る回数が増えてしまうそうです。


ということで、ゼロか、100か。

全か無かの法則って、学校で習いましたよね。

ある閾値に到達しなければ何度やっても何も起こらない。

その閾値を過ぎると、そこで初めて、反応が出る。

おんなじらしいです。

[広告] VPS

(何年か前、山中湖に大雪が積もった時、旅行に行き、雪遊びしました)


脚側しながら私を見ていない時はショック、となるのですが、ほとんどずっと見ていないので、ショックをかけるのに夢中になると、足が止まり、歩き出すとまた私を見ていないのでショックを… (ぜーはー、ぜーはー)

なんてぎこちないんでしょう…


後半、少しできるようになると、

「そうそう、少し飼い主みたいに見えてきましたよ」

ははは…褒められてるの?嫌味なの?


後は、招呼(呼び戻し)

「全力で、絶対戻ってこさせるんだと思って呼んでください」

と。


ロングリードにつなぎ、先生が投げるおもちゃをシエルが咥えたら全力で呼びます。

「シエル!!コイっ!シエル~っ!シエルっっ!!」

手をたたきながら、腿をたたきながら、少しずつ後ろに下がりながら大声で呼ぶと…

まあまあの確率で戻ってきました。

「そうそう、今くらいの大きさのドラ声で呼べば戻ってきますから」

…だからそれって…


結局、何においても、私のしていることは中途半端、

緩いショックをかけ、きちんと直っていないのに先に進み、それを繰り返している。

レッスンの初め、先生が何度かハンドリングし、直しながら見本を見せてくださるのですが、

「本当はあれも○○さんにやってもらいたいのです。中型犬で、女性なので大変かと私がやっていますが」

「私もあまりショックをかけたり叱ったりはしたくないんです。○○さんがそこまでしてきてくれれば、私はシエルをほめて伸ばすことができるんです」

「○○さん、頑張りましょうよ。私はもう先に進みたいですよ。シエルはできる子なのに、もったいないですよ」

などなど…

以前にも聞いたような言葉たちが…


そして、極め付け。

3月に、先生が出る競技会があるのですが、私が見に行ってみようかな…と言ったところ。

「もう来年は見るんじゃなくて、出る側ですよ」

へ?

「いや、出るのは秋ですよね?」

私が焦って聞くと。

「秋でも今から本気で頑張らないと間に合わないかもしれませんよ」




重ね重ね申し訳ありません…。

頑張ります…。


毎回毎回大変刺激になる(冷や汗が出るほど)レッスンなのでした。









ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村


[ 2016/12/26 20:11 ] しつけ教室 | TB(-) | CM(4)

第15回しつけ教室

最近起きたアンラッキーなこと。


車をぶつけた

代車で高速道路に乗ったら、代車ということを忘れて料金所でETCのレーンに入ってしまい、後ろに長蛇の列ができているのに、立ち往生した

千葉に行くのに、代車についていた慣れないカーナビを使ったら、行きも帰りも道に迷った


…思うように元気が出ない今日この頃


DSC_0377_convert_20130618160036.jpg
(昔の写真を張り付けています)


今日は第15回目のしつけ教室でした。

河川敷でのレッスン。

今日も言われ放題言われましたよ~


一応、訓練的には、競技会の科目を中心にしているのですが…。

以下、「シエルには」と思ってください。


指示の出し方が弱い。

いけないことをした時の対応(注意の仕方)が弱い。そして、遅い。そして、短い(叱り切れていないのに終わらせてしまうので、すぐに同じことを繰り返したり、よそ見をしたり)。

私の体力がなさすぎ(今の5倍くらい体力が欲しいと…)。

シエルに比べてテンションが低すぎ。

普段の生活が甘すぎ。

犬を好きすぎ。

褒めすぎ。

DSCN9047_convert_20160927175554.jpg


シエルは、ボールやおもちゃに執着がないので、今はフードを使って練習しています。

先生に、おもちゃでは遊びませんか?と聞かれ、

「おもちゃを持っても一人で抱え込むタイプです」

と言ったら、

「どういうタイプですか。そんなタイプありませんよ」

と大笑いされました。

だってほんとなんだも~ん

DSCN7780_convert_20151101193057.jpg
(バニラがとった一席…たまには過去の栄光に酔ったりして…)


先生曰く、シエルは私と走っているときが一番楽しそうだと(ワタクシ、走るのに必死でシエルの表情なんて見れていないです)。

なので、フードだけじゃなく、私と作業することがシエルにとって楽しいことになるようもっていかなければなりません。

それには、シエルを十分楽しませられるような動きを私もしなければならないのです。

超やんちゃシエルに追いつけるのでしょうか…不安です。


「私の体力が一番の問題かもしれませんね」

と冗談半分に言ったら、

「本当にそうなるかもしれませんね」

と言われてしまいました


競技会の科目的には…


脚側行進(横をついて歩く):シエルが私に依存しているので、これは比較的良い(理由はどうあれ)

伏臥(伏せ):フードを持っていればまあまあ

立止(立って):フードと介助の手が必要

停座及び招呼(待たせて離れて呼んでつかせる):待たせて離れるのは100点満点中10点でも呼んでつかせるのは100点


今回は、常にアイコンタクトをとるということを課題にしました。

私がシエルを見たときは常にシエルは私を見ていないといけない。

DSCN9228_convert_20161105133552.jpg

脚側行進のときは、もちろんずっと私を見ていないといけない。

停座及び招呼も、距離は気にしなくてもいい、アイコンタクトを確実に取りながら離れ(本番は背中を向けて離れますが)、その範囲で呼べばいいとのこと。


なんだかんだけちょんけちょんに言われましたが、前回河川敷でやった時よりは匂いかぎも減っているとのこと。

次回までに、今回やったこと、テンションの上げ方、アイコンタクトなどを頑張ってくださいとのことでした。


体力作り…どうしよう…。

ジムでも通うか…










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村


[ 2016/12/12 18:25 ] しつけ教室 | TB(-) | CM(4)

第14回しつけ教室

今日は14回目のしつけ教室でした。

晴れていましたが、前日の雨のため河川敷はドロドロで、教室でのレッスンになりました。


(写真がないので、シエルの成長をご覧ください)
DSCN7803_convert_20151120181058.jpg
(階段を降りられず、へばりつくシエル)


前回河川敷で歩いたとき、匂いかぎがあまりにもひどかったので、この2週間は匂いかぎ(に限らず、注意がそれた勝手な行動)に注意をし、いつもの河川敷ではまあまあいい感じになっていたのですが、やはり珍しい場所ではダメでした。

レッスン前に寄った公園、車を降りて教室に入るまで…あまりいうことを聞きませんでした。


先生にそれを言うと、「○○(私の名前)さんに注意されるのと匂いかぎを天秤にかけ、匂いかぎの方が勝ってしまってるんです。まだ足りませんね」と。

ただ、私が教室に入ってからシエルを伏せで待たせ、私は座って先生を待つ間、(先生は陰から様子を見ていたようで)だいぶ良くなったと。

「義務感が出てきています。この2週間頑張られたんじゃないですか?」と言われました

脚側行進も比較的うまくいき、普段の練習では苦労しているアイコンタクトも思ったより取りやすかったです。

DSCN7796_convert_20151115130758.jpg
(炬燵が好きなシエル)


苦手なのは停座及び招呼(犬を座らせて飼い主は離れ、呼んで脚側に座らせる。のち、脚側行進で戻る)で、うちや河川敷ではかなり離れても大丈夫なのですが、なぜかスクールだとすぐ動いてしまいます。

それと、立止(立って)。

前の訓練士さんに教わったやり方で練習していますが、まだコマンドの意味が分かっていないようです。


でも今日は、脚側行進がうまくいったこと、アイコンタクトが良く取れるようになったことで嬉しいレッスンになりました。


先生曰く、「ようやくスタートラインに立てましたね」

「本来ならここまで、1回目のレッスンでやりたいんです」

「○○さん、ここまで10回(正確には14回)かかってるんですよ。腕のアザの写真をのせてる場合じゃありませんよ」

は…ははは…。

すみません

しかも、14回と言っても、うちの場合は1回のレッスンが2レッスン分(通常月4回、1時間ずつのレッスンを、うちは遠いので、月2回、約2時間ずつのレッスンにしていただいています)なので、実に28回

ND4_1843_convert_20151121162649.jpg
(ボールを追いかけて転ぶシエル)


「ようやく服従の意味が分かってきましたか。自分のスキも見えてきたようですね」

「でも、もう一息、甘いです。シエルには、今の○○さんの1.5倍の強さが必要です」

ぎょえ~

KIMG1132_convert_20151128182037.jpg
(去勢手術後のシエル)


さらに。

シエルの顔つきが変わってきたと。

私も今日アイコンタクトを取っているシエルの眼がクリクリで可愛く見えていたのですが、先生にもそういわれました。

おまけに、私の足元で伏せさせているとき、何回か床や椅子の臭いを嗅いだので注意をしたのに、目が合うとフサフサと尻尾を振っていました。

「叱ってばかりいるのに尻尾振ってますよ。すごくないですか?」

と、先生。

うれすぃ~

なんて可愛い奴なんだ…と思いますが、態度には出しません。

すぐ図に乗るので。


…と、歓喜に浸る間もなく…

だからって安心しないでくださいね。○○さんはそこが心配です」(先生)

うっ…。

なぜ安心するとさぼる私の性格までお見通しなんだ。


シエルは私に似たんだね。

ちょっと褒めると図に乗るところ。


また次回叱られないように(いや、違うでしょ。目的は私とシエルの訓練なんだから、褒められる、叱られるは関係なく、全部自分に返ってくるんだから)頑張ります









ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村


[ 2016/11/28 19:15 ] しつけ教室 | TB(-) | CM(8)
プロフィール

バニシエママ

Author:バニシエママ
神奈川県在住の看護師です。
甘えんぼのバニラに癒されつつ、コイケルのシエルとはJKCの競技会を目指し!
頑張っていきます。

いつもありがとう
楽しんでくれてる?
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
2964位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1578位
アクセスランキングを見る>>