第13回しつけ教室

2016.11.14.18:02

さて、今日は13回目のしつけ教室でした。



しつけ教室としては、初めての河川敷。

案の定、駐車場からグラウンドに行くまで匂いかぎばかりして、ちっとも進みません

先生はとても待っていられず、先にグラウンドに行き、シエルの様子を見ていました。


シエルと合流して第一声。

「最悪なものを見ました」

(シエルの態度のことです)

DSCN7790_convert_20151104165811.jpg
(写真はないので、可愛かったころのシエルをご覧ください)


匂いかぎをするたびに注意はしているのですが、先生によると、その注意は全くシエルに届いていないとのこと。

弱すぎて、シエルにはそんな注意の仕方では伝わらない。


匂いかぎに限らず、飛びつきでも何でも、シエルの個性では、私の注意の仕方では全く伝わっていないそうです。

DSCN7782_convert_20151104164713.jpg
(う~ん、このころからびしっとしとけば少しは違ったのかな…?)


先生がリードをもって、少し歩かせてくださいました。


すると、何ということでしょう
(劇的、ビフォーアフターっぽく)

訓練士マジックがまた起こりました。

ほんの少し歩いただけで、全くシエルの集中の仕方が変わります。

「すべてにおいて甘いんです。犬に最後まで伝えきることが大事と言いましたが、伝えたつもりになっただけで、ちゃんと伝えきれてないんです」

と。

DSCN7783_convert_20151104164739.jpg
(いや、このころから悪い目つきしてますね)


「○○(私の名前)さんの普段が甘すぎるので、舐めきっていますよ。コマンドを言っても、少しくらい無視しても大丈夫かな、とスキをついて試してるんですよ」

確かに、伏せで待たせても、すぐ動く。

すぐに同じ場所でやり直させようとしても、なぜか抵抗し、こっちに寄ってきます。


ここで、私も天然なので

「同じ場所でやるのが嫌なんでしょうか」

と聞いたら、笑われました。

「いや、それはそういうことじゃ全然なくて、『ちょっとくらいいいでしょ~、おかーさん』って○○さんにすり寄ってごまかそうとしているんですよ」

あ…そ、そうなんですか

DSCN7774_convert_20151101192904.jpg
(だれがこんな子に育てたんですかね~)


「褒める訓練をしたいと言っても、今のシエルを褒めてもつけあがるだけ。そうすると、かえって叱る回数が増えてしまうんですよ。それより、普段からきちっと上下関係を作っておけば、いい場面で褒めることができるんです」

…なるほど、褒める訓練って、そういうことなんですね。


「犬って、本当に怖いですよ。注意するときに少しでもかわいそう、とかいう気持ちがあったら、すぐわかってしまいます。褒めるときも、上から目線で褒めてください」

フードを使わないで練習した方がいいか聞きましたが(バニラでの失敗があったので)

「いくらでも使っていいです。○○さんが褒めるよりは、フードの方がまだいいという意味です」

そこまで…褒めれば褒めるほど図に乗るんですね

「○○さん、頑張りましょうよ、私はもう訓練がしたいですよ(関係性などのしつけではなく、の意)」

ははあ!申し訳ありません


途中で、犬を散歩させている方がはるか彼方に見えました。

すぐ、唸るシエル。

私は、リードを引っ張り、「いけない!」と叱りましたが、全く効かず。

先生がリードを持ってくれました。

そして、私に

「どうですか、まだ犬が視界にいますか?」

と聞かれたため、まだ確かに私の視界には犬がいたので、

「います」

と。

DSCN7773_convert_20151101192652.jpg
(初めての競技会見学です)


ん?でも、もう唸ってないな、と先生とシエルを見ました。

そして、先生はもう一回、

「まだ犬は視界にいますか?」

と聞きました。

「…いません」


犬は向こうに確かにいましたが、シエルの視界にはもういなかったのです。

シエルはじっと先生を見ていました。


「すべては、リーダーなんです。お前は自分だけ見てればいいって話なんです。インターフォンに吠えるとか、みんな同じことです。うちでは、15匹(預かりの)犬がいても、一匹も吠えませんよ」


何か、分かっていたつもりだったのに、改めてとても大切な勉強をした感じでした。


そして。


今日はたくさん走りましたよ~!


こんなに走ったのは高校の部活以来だと思います。

(女子高だったのですが、モダンダンス部というのがありました。体育会系で、厳しかったのを覚えています)

シエルと走りながらすぐ息が上がり、「○○さん、もう少し走れるようにしといてくださいね」と、先生に言われる始末。

体力がないのには自信がありますから


そして、医師や看護師からではなく、何と訓練士さんからダイエットの指示

「コイケルで競技をやりたいならもう少し絞ってくださいね」



DSCN7798_convert_20151115130911.jpg
(汚い部屋はスルーで…)

いやいや、体重ももちろんですが、体力のことだと分かっていますよ。



でも、今日は本当にダメ出しばかりで、へこみました。

(すべて自分の責任です


もちろんこれは、シエル用のしつけです。

先生もおっしゃってましたが、

「家庭犬ならまだいいですけど」

と…。


そう、私はコイケルのシエルと競技を目指しているのです。

私、ちょっと(いや、大分)、競技を甘く見ていた気がします。


バニラとは違う。

相棒はコイケル。

そして、先生が言うには、コイケルの中でもちょっと強いシエル。


負けませんよ~!!

次回は二週間後。


先生にたまには見直されたいですからね。


頑張ります!!



そうそう、今回は帰り、なぜかいつの間にか高速で知らない道を走っており、仕方なく一般道に下りたら、中目黒駅に着きました。

これで前回に引き続き、二連敗(勝負なのか?)です。

毎回同じ道を帰るだけなのに、どうやったらこんなに冒険できるのか、自分でも不思議です。










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2016.11.16.03:39

このコメントは管理人のみ閲覧できます

難しいですね

2016.11.16.21:23

なごみも家から近いを理由にトレーナーさんところに行ってみました。いいかはまだわかりませんが、服従訓練してみようと思います。見ているとできそうなのに、やってみると難しいです。お互いに頑張りましょう!

がんばれシエルママ!

2016.11.16.22:08

>なごみママさん

おお~!
ついに行ってみたのですね。
近いのは重要な要素ですよ。
なごみちゃん、すでにとてもいい子ですが、きっと服従訓練をしたら、より可愛く感じると思います!
お互い、頑張りましょう!

(私は、ダイエットと体力作りも…^^;)

2016.11.17.20:02

コイケルはほんとに手強いですね。
ロイスなんてコイケルの中では弱っちょろくてドンくさい方ですが、それでもパピヨンなんかに比べたら、いろいろ難しいなーと思うことが多々ありますから…
バニシエママさんには、ほんとに頭が下がりまくりです。

厳しいことをあえて言ってくださるトレーナーさんもありがたいですね。
バニシエママさんの努力は、いつかきっと実を結ぶと思います!
ダイエットも、きっと…笑

2016.11.17.23:09

>くろ母さん
ロイス君でもですか?
あ、確か、他のワンコが苦手なんでしたよね。
うちもです。
ちなみに、バニラは人も犬もダメです(キッパリ←お前の育て方だろう)。
私がいけないことは分かってるんですが、なかなかシエルに届く伝え方ができず。。。
和田アキ子やデビルの真似だけしてても気持ちが入ってないのかもしれない、とも思いつつ。。。試行錯誤しています。
今の訓練士さんは、とても穏やかで優しい方ですが、言うことはきちんと言ってくれます。
今の先生に付いていけば大丈夫だと(もちろん、努力はします)思っているので、そういう方に巡り会えたことを感謝して、頑張っていきたいと思います。(あっ、ついでに、ダイエットもね)
私にして見たら、色々なところにワンコを連れていったり、手作り食やおやつを作ってあげているくろ母さんの方が遥かに尊敬に値します。
ブログも毎日楽しみです。
コメント、ありがとうございました♪
プロフィール

バニシエママ

Author:バニシエママ
神奈川県在住の看護師です。
甘えんぼのバニラに癒されつつ、コイケルのシエルとはJKCの競技会を目指し!
頑張っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いつもありがとう
楽しんでくれてる?
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
5461位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

2828位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる