FC2ブログ

第51回しつけ教室

2018.03.09.19:36

今日は51回目のしつけ教室でした。


と言っても、今日も雨…。

今回もスクールでのレッスンとなりました。

でも!

スクールでレッスンしていただけるのも、とてもありがたいのです。

同じ曜日の同じ時間にレッスン(競技のためのグループレッスン)している生徒さんは3人いるので、ほかの方はどうしているかわからないのですが、スクールでは、基本個人レッスンになりますので、じっくり見ていただくことができます。

DSCN8296_convert_20180309175924.jpg
(昨日はシエルだけだったので、今日はバニラを…)


一通り見ていただいて、競技課目はまあまあいいと言っていただけました。

今まで服従と甘さが30対70くらいだったのが、少し服従が強くなってきた、と。

それでも、まだ甘さのほうが勝っている状態ですが…。


今日は、今まで気になっていた、バニラとの接し方(バニラといつもイチャイチャしているので)を見たり聞いたりしていることでのシエルの影響を聞いてみました。

もちろんありますよ」(先生)


えっ…

っていうことは…

「バニラとの接し方も変えなくちゃいけませんか?」(私)

いや、そこまで○○(私の名前)さんの幸せを奪うようなことはしませんよ」(先生)


ホッ・・・


じゃあ、○○さんのバニラに対する甘さはどれくらいだと思いますか?」(先生)

うっ…

「…100ですね」

間違いなく、100パーセント以上、あまあま。

イチャイチャぺろぺろしてるもん…

DSCN8298_convert_20180309175954.jpg
(寝ぼけたバニラの、ボケた写真)


ということは、シエルにとっては、マイナス100ということですよね。そうしたら、どうしたらいいと思いますか?」(先生)

う~ん…

「その100を、シエルに上乗せしなきゃいけなくなると思います」(私)

そういうことです」(先生)

なるほど…


要するにシエルは私がバニラと接しているときのあまあまの様子を知っているので、私のことを甘い人間だと思っている。

その分を打ち消すために、シエルにはもっと強めの、メリハリのある態度で接しなくてはいけない。

(バニラとの接し方を見せていることによって、シエルにも甘さを見せている)

う~ん、実に論理的だ…。

DSCN8301_convert_20180309184640.jpg
(足元から顔を出しているだけなのに…かわいい


あ、だからって、誤解しないでくださいね。

別にシエルにより厳しくするとか、当たるわけではもちろんないですよ。

私がシエルの前ではより強いキャラでいる、ということです。


今日はほかに、ゲートから出るときにちょっと先走って前に出てしまったときの対処を教わりました(というか、犬に何かを教えるとき全般の接し方を教わりました。)。


スクールの中に、犬を離せるエリアがあり、そこはゲートで仕切られているのですが、帰るときにそこからシエルと出ようとしたら、シエルは先読みして少し前に出てしまいました。

右後ろに下がって引っ張って!」(先生)

と言われ、そうしたのですが、シエル、次も同じことをします。

もう一回」(先生)×数回

そういわれ、何回も繰り返し、そのうちシエルも、引っ張ろうとする気配だけでちゃんと右後ろについてくるように。

そうやって教えるんですよ」(先生)


DSCN8302_convert_20180309180105.jpg
(よく思うのですが、犬って、頭に血が昇らないのかな~?よく人間だったらこれは…と思うような体位で眠ってますよね?)


なるほど~…。

何回も繰り返し練習をさせてもらって、先生は教えることに熱意を持ってくださっているなぁ、と思いました。


こんなことを言うのもなんですが…。


若かりし頃、3週間ほどニューヨークでダンスのレッスンを受けていました。

色々なインストラクターがいましたが、その中でも、教えることに熱意がある方もいれば、自分が踊ることや、見せることが中心な先生もいました。

確かに振り付けや踊りは素晴らしいのですが、どうしたらそう踊れるか、そのキレはどうしたら得られるか、そのコツは?ということを伝えようとしない方も多かったです。

特に若いインストラクターたちは、ダンスで生きていくのに一生懸命で、伝える手段も、熱意も持たなかったのかもしれません。


それを考えると、犬のしつけの先生でも、自分がハンドリングして、ほら、言うことを聞くでしょう?

という先生もいます。


でも、それでは飼い主にとっては、何の問題解決にもならないのです。

自分がハンドリングして言うことを聞くようにならなくては。

その方法を見出せるように導いてもらわなければ。


そう考えたとき、私は、前に教えてくださっていた訓練士さん、そして小田先生…。

私が選んだお二人には、間違いはなかった、とほっとします。


と同時に、先生に問題がない限り、後は私の努力次第ということになります。

あわわ…。


なんだか墓穴を掘った気がしないでもないですが、そんなこんなで、今日のレッスンも勉強になったのでした。


来週は外で見てもらえると嬉しいな。

外ではまだまだ集中が続かないシエルなので。


来週こそ、金曜日晴れを祈って…(そんな暇があるなら練習しなさい)


頑張ります!










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

comment

Secret

2018.03.11.13:31

あー、あります、あります。
訓練やダンスに限らず、ご自分がやって上手な先生と、教え方が上手な先生とは別ですよねぇ。
それはすごくよくわかります。
そっかぁ、100上乗せしなくちゃならないなんて…多頭飼いというのは、そんなところまで大変なんですね。
「お尻に火がついた」理由もすごく気になっているんですが…笑
もしかして、競技会出陣の日が決まりました?(^з^)

No title

2018.03.11.14:37

>くろ母さん

そうなんですよね。
自分がやってうまいのと、教えるのがうまいのとはまた別の話で…。
だから、もう年老いて自分では動けないけど、教えるのは得意、とかいう先生もたくさんいらっしゃいますよね。
多頭飼いでもしっかりすべての犬を扱えていればこんなことはないのだと思うのですが、私、バニラにはあまあまデレデレ、私のほうが分離不安(いいのか、それで?)なので、難しいです。
競技会出陣は5月になりそうです。
CD1-Sという、一番初歩のクラスから出る予定です。
実は、そのほかにももう一つ課題があって…それはその時のお楽しみ(私にとっては楽しみというよりは、クリアすべき課題ですが)ということで…。
お尻、ボーボー燃えてます^^;

No title

2018.03.12.00:36

ママさんのブログ勉強になります。

そうですよね。

ヤッパリ他のワンコとの接し方も見てるから余計甘く観られるのかも?(^_^;)

そう、繰り返しが大切なんですね。
大事な事思い出させてくれて有難うです♪

ミーナも手強いけど頑張らなくちゃね。

No title

2018.03.12.07:06

>zenchanさん

こんなブログを参考にしていただいてありがとうございます。
真に賞賛すべきは、教えていただいたことをブログにアップしても気にされない先生の懐の深さです(先生もブログを見てくださっているので)。
以前の先生は、訓練の様子をアップすることは止められていました(多分そのほうが普通かも。お月謝をお支払いして教えていただいているのですから、当然ですよね)。
ミーナちゃん、聞いているとわんぱくタイプ(以前のシエルと同じ^^;)のようなので、頑張ってくださいね!
私もまだまだなので、頑張ります!
プロフィール

バニシエママ

Author:バニシエママ
神奈川県在住の看護師です。
甘えんぼのトイプー、バニラに癒されつつ、コイケルのシエルとは訓練競技会を目指し!
頑張っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いつもありがとう
楽しんでくれてる?
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
626位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

338位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる