FC2ブログ

JKC埼玉東トレーナーズクラブ訓練競技会

2020.02.23.21:06

今日は、埼玉の大凧あげ祭り公園で競技会がありました。

DSCN9652_convert_20200223201529.jpg


天気予報では、14度くらいになっていたので、ダウンじゃ暑いな、と思い、ちょっと厚手のパーカーで挑んだら…


とんでもない、北風ピューピューで、激寒!

パーカーの上に、車に積んでいた、フリースのジャケット、ネックウォーマー、手袋をしても震えてしまいました。


そうですよね、風がないと大凧なんて上がりませんよね~

ハイ、舐めてました。


私は二度目のCD2に挑戦。

今回、CD2は2グループで、ひとグループ25人くらいでした。


シエルは、火曜、水曜の練習で調子が良かったのでほめ倒していたら、最後の練習(金曜日)に、調子乗りまくりで、招呼(コイ)で呼べばオーバーラン、マテで離れればいつの間にかついてきている、という感じでした。

そのため、
金曜日はちょっと厳しめに接し、直前練習ではまあまあの出来でした。


…が、本番はご褒美が使えません。

その分、シエルの意欲を出すために課目と課目のインターバルに鼓舞するのですが、私、金曜日の練習で調子乗っていたことが頭にあり、あまりはっちゃけさせ過ぎたら良くない、とセーブしてしまっていました。


結果、いつもに比べると、動きにキレがなく、シエルの良いところが今一つ出せませんでした。

DSCN9653_convert_20200223201617.jpg
(緊張感のあるリンク)


まぁ、それでも、ミスはなかったんです。

ぎりぎりまで。


そして、最後の最後に…


最後の課目は、据座と言って、犬を座らせ、ハンドラーは10メートル離れ、そこで30秒待たせ、審査員が合図したら犬のもとに戻って脚側に入り、審査員の合図で終わる。

…という課目なのですが…


私、30秒経って、審査員の先生が戻るよう指示したので、ほっとして戻ったら…


なぜか、脚側に入って審査員の指示を待つことなく、いきなりリードを付け、強制終了



その時、見ていた仲間はもちろん、審査員の先生も??目が点になっていたらしのですが、当の私は全く気づかず…。


リンクから出てから、先生に、

「なんで脚側に戻らないで勝手にリード付けたんですか?」(先生)

こう聞かれ、初めてそのミスを知ったという…


私らしい天然なミスでした


まあ、それ以外にも、行進中の課目で体符を取られたり、小さなミスはあったので、まだまだ改善の余地があります。


結果、席次は7席。

小さな大会で、入賞は5席までだったので、残念ながら、入賞はならず。

それでも、95.5点でチャンピオンポイントはいただけました。

(仲間や先生には、あの強制終了がなければ、一つや二つ席次が上だったのに、といじられました

DSCN9661_convert_20200223201642.jpg
(今回、シエルは何一つミスをしていないで、頑張ってくれました)


でもでも、とってもいいこともあったのですよ!


なんと、同じ小田ドッグスクールからCD1に出陳した方が、一席を取りました

名だたる強豪を倒しての一席です!

それも、競技会ではあまり見ないフレブルですよ!

もう、その場に居合わせただけでも、行った甲斐があったというものです!!

みんな、大喜びでした

指導手さんも、フレブルの小麦ちゃんも、とっても頑張りました!!



え~、私の方は、ですね…

今回こそ、シエルのいいところ、はつらつとしたところを見せたいと思いながら、いざ本番になると、つい守りに入り、ミスを防ぐのに一生懸命になってしまっています。

前回も同じような反省をしています。


次回は2週間後に、平塚で。

リベンジなるか??

DSCN9662_convert_20200223201718.jpg
(お留守番のバニラも、頑張ってくれました。ご褒美に、お友達にいただいた犬用馬肉のミートローフを振る舞いました


はっちゃけてもいいから、はつらつとしたシエルを見て!

という気持ちで挑みたいと思います。

DSCN9664_convert_20200223201747.jpg
(私はもちろん、は〇寿司でマグロ尽くしで反省会


残されたタイムリミットは、2週間。

シエル、頑張ろうね!!











ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



第114回しつけ教室

2020.02.14.21:15

今日は、114回目のしつけ教室、そして、本番前の最後のしつけ教室でした。

DSC_0599_convert_20200214211730.jpg
(今私が絵を習っている先生に、バニラとシエルの色鉛筆画を描いていただくことになりました。今、写真を選ぶのに苦戦しています。これは先日、私が撮った写真。お話になりません)


一回目通す前に、先生より

「褒めるときは思い切り、黄色い声を出してもいいですから思い切りほめてください」(先生)


と言われました。


シエルは、スクールに入ってからずっと、黄色い声を出さない、厳しめに、隙を見せずに接する、と言われ続けてきました。

褒めるときも、黄色い声を出して甘やかすのではなく、鼓舞するように、と言われていました。


もちろん今日も、甘やかせと言われているわけではありません。

「分かりますか?シエルをようやく扱えて来たから、黄色い声を出してもいいといっているのですよ」(先生)

扱えて来た…それはうれしい…

line_330134837829293_convert_20200214204641.jpg
(くろ母さんが撮ってくださった写真です。私が撮ったよりずっとかわいいってどういうことですか?)


「その代わり…?」(先生)

「…指示は強く、ですね」(私)

「そういうことです」(先生)


いつも、その差(最高の褒めと、強い指示)が狭い、と言われています。

DSC_0609_convert_20200214204509.jpg
(私が撮ったシエル。なかなか可愛くないですか?)


一本目では、脚側行進で、褒めるときと注意するときがきちんとできていないといわれました。

自分がハンドリングするのに精いっぱいで、犬の反応がきちんと見えていませんでした。

こっちを見てもいないのにほめたり、アイコンタクトを取っているのに褒めなかったり…。


そして、黄色い声を出したらてきめんに、据座(犬を座らせ、10メートル離れたところで30秒待たせる)の時に、匂い嗅ぎをしたり、首をカキカキしたり…。

「分かりますか?黄色い声を出した弊害です。ああやって、ちょっとくらいやっても平気かな?と試しているのですよ」(先生)

なるほど…すごい、てきめんですね。

「なので、ちゃんと見逃さず、いけないことはいけないと伝えなければいけません」(先生)

気を抜いたらいけないということですね。

2019,7,23郢ァ繧ュ郢ァ繧」郢昴か1_convert_20190724104859(1)_convert_20200214204557
(これは家の中で撮った写真です。どうしようかな~??)


二本目では、まだ褒めが足りないといわれました。

基準は、犬が笑顔になるまで。

動きたくてうずうずするまで。

たまらず動き出すまで。


そして、あとは課目の技術的なことですが、抱っこを教えてから、あとへの指示でもとびかかって来ることがあったり(先生のアドバイスですぐに解決しました)、行進中の課目の反応が悪かったり(今から無理に直すより、時間がないので、今の状態を安定させたほうが得策)ありましたが、全体的にはまあまあと言っていただけました。

「まあ、言いたいことはありますが」(先生)



以前の私だったら、これを聞いたら気になって、言ってください!って叫んでいたと思いますが…。


まあ、先生が今言うのは得策でない、と判断するのなら、今回の競技会が終わってから改めて言っていただき、直すようにしようと、私も少し大人に(?)なりました。


さて。

本番は23日。

埼玉の、大凧上げ祭り会場で行われます。

また3時起きですが、前日が浜松に出張で遅くなります。


どうか、全力を出し切れますように。

後悔のない演技ができますように。


がんばります!!









ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



ようやくの…

2020.02.10.12:38

犬の訓練を頑張る一方、犬の色鉛筆画も、地道に続けています。


こちらは月に一度ですので、なかなか進展がなく、競技会のように期限もないもので、家でもやったり、やらなかったり…。

無理なく、楽しんで続けています。

(もちろん、犬の訓練も楽しんでいるのですが、緊張度が違います)


そんな中、去年の7月からずっと悩みながら描いてきたシエルが、ようやく完成しました。

DSCN9647_convert_20200210120950.jpg

実はこの絵は、デッサンの時は気づかなかったデッサンの狂いが、色を付け始めてから発覚し、途中でモチベーションダダ下がりになり、本当は途中でやめちゃおうかと思った絵です。


でも、先生に見ていただいている手前、途中で放棄することもできず、いつも先生が言われている、練習なんだからたくさん失敗してうまくなっていく、という言葉に背中を押され、何とか最後まで仕上げることができました。

これを何かの会に出すわけでもなく、練習の過程なので、たくさん失敗してもいいんだ、という気持ちが、何とかこの絵を描き続け、仕上げさせてくれました。

思った通り、デッサンは狂っていますが、大切な練習の過程として、心に残る一枚となりました。


こちらはおまけですが…。


色鉛筆画のお教室に、色鉛筆を持っていくのを忘れるという、私らしい失態をやらかし、仕方なく鉛筆画を練習することになった時のシエルの絵。

DSCN9648_convert_20200210121009.jpg

う~ん…。

なんとなく、のっぺりとした印象です。


次回からは、難しいといわれているプードルの練習に入ります。

もちろん、バニラもかわいく描きたいので、まず始めは、練習用のテキストのプードルちゃんを描き、それからバニラにも挑戦する予定です。

時間はかかると思いますが(競技会が優先なので)じっくり頑張ります!










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



第113回しつけ教室

2020.02.07.20:51

今日は113回目のしつけ教室でした。

寒いと聞いていたので、覚悟していったら、動いていたら暑いくらいでした。

DSCN9636_convert_20200206210729.jpg
(昨日の河川敷での練習。ちゃんとお利口に待っているのですが…)
※画像と内容はほぼ関係ありません


今日、始めに注意されたのが、シエルを鼓舞するのに声に頼りすぎ、私の行動(動き)がおろそかになっていること。

シエルにだけ動きのキレを求め、自分は足も上がってない、動作も機敏に動けていない、という感じです。


もともと足を引きずる癖があり、平たいところでも躓いたりしているので、この際、足をあげる歩き方を癖にできたらいいなと思います

DSCN9640_convert_20200206210855.jpg
(実は、練習を始めたら、小学生の課外授業に団体さんが現れ、一回通したら、囲まれてしまいました…


そして、行進中の課目の動きが鈍いことを相談したら、もう少し指示をゆっくりいうことと、しなかったらすぐ触ること(座らなかったらお尻を軽く押す、→できるようになったら、触るふり→触らない)と教えていただきました。


そして、行進中の伏せ、停座は5mのところでやるのですが、ずいぶん練習したつもりが、またつもりだけになっていました

「○○(私の名前)さんのなかでの5mがまだ全然合っていません」(先生)


距離の感覚がまだまだ甘いようです

目をつぶってやってみて、大体5メートルが当たってきたな、くらいに考えていましたが、まだまだだったようです。

DSCN9637_convert_20200206210750.jpg
(シエル、小学生に囲まれても、お座りしたままじっとしていました。軽くしっぽを振って、撫でてくれたこの手をなめたりして)


そして、今日もバカをやってしまいました

CD2は10課目なのですが、もう何百回も練習をしているのに、その順番を間違えました。

いや、堂々と間違えたのならまだいいのですが、シエルを混乱させてしまいました。


順番的には、行進中の伏せ、次が行進中のスワレなのに、始めの伏せをスワレと勘違いし、すぐに気が付いたことにより

「スワ…あ、伏せっ!」(私)

シエル…フセしてくれました

飼い主が頼りないと、犬がしっかりするものですね(いや、自分がしっかりしなさいって)

DSCN9639_convert_20200206210835.jpg
(本当なら子供たちに、ワンちゃん勉強中だから、触らないでね、って言わなければいけなかったと思うのですが…言えませんでした


一緒に習っている仲間からは(私よりず~っと上手な方です)、外での練習が少ないのではないか、ということと、ブログに何書こうか考えながら練習してるのでは?ということ、今日レッスンで先生に言われたことは今日家で復習する、ノートに書くこと、と言われました。


外での練習、やはり少ないのですかね~…?

昨日は、小学生に囲まれた後、そのままではいけないと思い、河川敷のはしごをして練習しなおしましたが、普段、日勤ではどうしても外では練習できないし、確かに毎日は外では練習できていません。

私よりずっと上手なその方にそう見えたということは、やっぱり練習不足なのだと思います。


5mの距離感のこともそうですよね。


先生にも何回か言われたことですが、自分がやっているつもりと、実際にやっていることは違うと。

自分がそのつもりなだけで、実際はできていないことはたくさんあるようです。


そして、さすがに私もレッスン中にブログのことは考えてないですし、毎回ブログにあげるわけでもないですし、備忘録としての意味もあってブログを書いているので、そこはやんわりとそんなことないです、といいましたが

もちろん、毎回言われたこともノートに書いていますが、その日のうちに(犬を動かしての)復習はできていません。

その方はレッスンの後、その日の復習をわんこを動かしながらするそうで、そういうところから、差が出るのでしょうね。


でも、先生からは、

「○○さん、うまくなってますから、もっと自信を持ってやるといいですよ」(先生)

と言っていただけ、また今日言っていただいたことを丁寧に直していこうと思ったレッスンとなりました。



さて、いつもしつけ教室の記事は、関係ない写真をあげているのですが、なんだか最近、シエルが変わってきたような気がして、昨日の写真をあげました。

(その、仲間に言ったら、シエルじゃなくて私が変わったんだ、と言われましたが)


まず、テンションが安定してきました。

以前は何か怖いことがあったり、きつく叱ったりすると、テンションダダ下がりで、動きもノロノロになっていたのですが、最近は何か以前だったらへこんでたようなことがあっても、ある程度テンションが維持できるようになってきました。

競技の課目でも、テンション下がってるかな?と思っても、招呼やハウスの指示に、素早く動いてくれるようになりました。

そして、アイコンタクトが(悲しいことに、競技中ではなく、普段)比較的取れるようになってきました。私に問いかけるような表情をよくするようになりました。

そして、昨日の小学生にいじられまくりのシチュエーションでも、嫌がって動いたり、テンションが極端に変動することなく、頭を触られても、お尻やしっぽを触られても、全く動じず、フレンドリーに振る舞うことができました。


年取ったからかな?

それとも、関係性がいいほうに向きつつあるのかな?

そう思いたいです。

DSCN9645_convert_20200206210956.jpg
(おまけ。シエルの訓練から帰ると、ポケットに入っていたご褒美の匂いに夢中。ちゃんと別にあげてますけどね)


本番まであと約2週間。

先生や仲間の言ってくれたことを無駄にせずに、頑張りたいと思います!









ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



プロフィール

バニシエママ

Author:バニシエママ
神奈川県在住の看護師です。
甘えんぼのトイプー、バニラに癒されつつ、コイケルのシエルとは訓練競技会を目指し!
頑張っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いつもありがとう
楽しんでくれてる?
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
2052位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1095位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる