第63回しつけ教室

2018.06.15.18:27

今日は63回目のしつけ教室でした。


と言っても、雨のため、スクールで。

もう梅雨ですからね~。

こんな日が多くなるのでしょうか…

DSCN8735_convert_20180615172158.jpg
(一昨日は、勤め先の老人ホームのアニマルセラピーの日でした)
※写真とブログの内容は全く関係がありません


今日も、アイコンタクト中心にご指導いただきました。


ともかく、私は何事も遅い!


シエルが気を抜いて目をそらしていたり、知っていてわざと目をそらしていたりするのを注意するのが遅い。

そして、できた瞬間に褒めるのも遅い。

DSCN8751_convert_20180615172224.jpg
(試行錯誤で始めた企画でしたが、毎回来てくださる常連さんも増えました)


いや~、こういうのって、性格が出ますね~。

私、おっとりしていて…


…じゃ、片づけられない。


「遅い!」(先生)

「もう1秒早く伝えないと」(先生)


DSCN8757_convert_20180615172301.jpg
(ボルゾイのこころちゃん。とっても人懐こくて、かわいいのですよ)


1秒

…と思う方もいるかもしれませんが、1秒って、かなり長いです。

試しに、ワンちゃんが吠えたのを聞いてから1秒待って注意してみてください。


多分、


「?…いまさら何怒ってるの?」


という状態になると思います。

DSCN8767_convert_20180615172728.jpg
(わんこの力は偉大ですね。私たちが接していてもほとんど笑ってくださらない方を、簡単に笑顔にしてしまいます)


そして今日は、訓練に通い始めて一番最初にやった、アイコンタクトの練習を復習。


実は…。


告白します。


私、すっかり忘れていました


これを毎日やるように言われていたはずなのに、全く、忘れていました。

先生に、やってみてくださいと言われても…


…え~っと…

なんだっけ??

どうやるんだっけ???


という世界…

DSCN8789_convert_20180615172750.jpg
(多分、5年前くらいから始めたこの企画…ようやく定着したといっていいと思います)


「○○(私の名前)さ~ん…みんなに置いてかれますよ」(先生)


訓練の時間だけではなく、日常生活で全てにおいて気を付けること。

アイコンタクト一つとっても、ずーっと気を付けていれば、訓練以外で(トイレの時、食事の時、遊ばせるとき etc…)1日10回練習ができるとします。

それをさぼった日があるとしてもひと月30日を1年300日で計算すると、実に9000回、差が出ます。

DSCN8797_convert_20180615172814.jpg
(もう、この企画においては私の役目は終わりです。あとはしかるべき部署が引き継いでくれることになりました)


あの、言わせていただければ、アイコンタクトは普段から、一応気を付けていましたよ。

ご飯の前、トイレでフリーにする前など…


でも、全然足りませんでした。

なんとなくやるのと、絶対やるのとは、全く違います。


そんなこんなで…

他にも、伝えるときの言葉と態度(行動)に関してなど、いろいろ教わりましたが、それに関してはまた書く機会がありましたら書かせていただきます。


とりあえず、日常のアイコンタクトを意識して、次回まで頑張ろうと思います。










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

第62回しつけ教室

2018.06.08.21:57

今日は、62回目のしつけ教室でした。

20180608_144213_convert_20180608203857.jpg
(千葉の河川敷について、出してもらうのを待っているシエル)
※写真と本文は全く関係がありません


今日は風が強かったですね~。

ソフトクレートでは飛びそうだったので、車で使っているバリケンを使いました。

20180608_144238_convert_20180608203915.jpg
(座れ)


今日は一通り先生の前でやって見せ、先生より

「この一週間で何かしましたか?」(先生)

と…。




そ、そういわれると…

「先週言われたところは一応練習しました…(つもりです…)」(私)


「他には?」(先生)


「…(先週がひどかったので)日常生活を見直して、少し厳しくしました(つもりです…)」(私)


「でしょうねぇ」(先生)

ええぇ


結局、先週よりはよくなっているといっていただけました。

「まだまだ足りませんけどね」(先生)

…と釘をさされましたが…

20180608_144256_convert_20180608203931.jpg
(伏せ)


今日言われたのは、ご褒美をあげる(ほめる)タイミング。

指示を出すからには、ゴールがある。

そのゴールで、ほめる。

ハンドラーが指示を出し、犬が行動し、それが正しかったなら、

「そうだ、私はそうして欲しかったんだよ」

ときちんと伝えること。

そういわれてみれば、指示を出しっぱなしでフォローがなかったり、タイミングがずれていたら、犬は何が正解かわからないままになってしまいますよね。

20180608_144338_convert_20180608203949.jpg
(立って…をしながらの、あくび…?)


そして、今日は…

「アイコンタクトが圧倒的に弱いですね」(先生)


…。


本当に核心を突かれた私。


そうなんです。

ご褒美を持っていると、ご褒美を見ている。

持っていないととんでもない方向を見ている。

ご褒美を顔の近くに持っていけば、顔を見ているかのようで、実はご褒美を見ている。


「アイコンタクトが取れていないのに、そのまま先に進んじゃったりしてますよ」(先生)


ハイ、おっしゃる通りです。


DSCN8664_convert_20180608100649.jpg
(棚に、バニラが投げて遊んでいたぬいぐるみがはまってしまい…)


「どうしてアイコンタクトが取れないかわかりますか?」(先生)

そ、それは…

「私の指示より、ご褒美のほうが勝っているからだと思います」(私)

「…だと、だからどうするっていう方法が見えてきませんよね?」(先生)

「あ、解決策まで導ける理由ということですね」(私)


「○○(私の名前)さ~ん・・・」(先生)


どうも、先生をいらだたせる才能だけは満ち溢れているようです(すみません…

DSCN8665_convert_20180608100714.jpg
(取ってぇ~ともの言いたげなバニラ)


「これは来週までの宿題にしましょう。どうしてシエルはアイコンタクトを取らないか、考えてきてください」(先生)

は、はい…考えてみます


とは言ったものの、わかるかなぁ…?

なぜ、シエルはアイコンタクトを取らないか。


逆に、先生のパートナーのきなこちゃんや、先輩ハンドラーさんのわんこは、なぜあんな風に、うれしそうに顔を見上げて演技をするんだろう…。


ともかく、一週間、悩んでみることにします。


いつものことですが、天然な自分がうらめしい・・・










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



第61回しつけ教室

2018.06.01.21:29

今日は、61回目のしつけ教室でした。

DSCN8464_convert_20180329091901.jpg
(貼る写真がないので、私の駄作でも見てください。〇-CANの二回目の課題)
※写真と内容は全く関係がありません


今日は暑かったですね。

早めについて、ちょっと練習したのですが、暑くてすぐばてそうだったので、また車に戻って涼んでいました。


が、その時はテンション高かったのですが、いざレッスンで先生の前でやってみたら、脚側は遅れ気味、伏せも立ってものろのろ。

どうしてこんなになっちゃったのか…。

練習が裏目に出て、疲れてしまったのかもしれません。

DSCN8434_convert_20180328114750.jpg
(笑顔がやさしくて大好きだったロイス君)


ただ、先生に聞いたら、招呼ではオーバーランするくらいだったので、意欲がないわけではない、と。

それをコントロールできていない私。

意欲があるとかないとかの判断もそうですが、そういうところが見えていない、コントロールできていないというのが問題なんですね。

DSCN8499_convert_20180414203109.jpg
(いつも元気で笑わせてくれたソフィーちゃん)


今日は、ほめ方を指導していただきました。

テンションが低いと思っていたので、厳しくしすぎたので、今度は犬に自信を持たせる目的かと思っていましたが…。

20180402_204706_convert_20180415143244.jpg
(何歳になっても美しいぽむたん)


よくよく聞いてみたら、厳しさが入ったので、ようやくほめる訓練もできるようになったとのこと。

なので、甘くする目的ではなく、ようやくほめるところまで行っただけなので、厳しくするところを緩めてはいけないようです(むやみに緩くして、調子に乗せない)。

DSCN8433_convert_20180328110005.jpg
(同じくぽむたん)


あとは、やはりスキが多いです。

シエルがちょっとよそ見したのを、あっ!っと私が気づいた時には、先生がすでに

「今の注意しなくていいんですか?」(先生)

と、私に言っている。


DSCN8574_convert_20180507211838.jpg
(ちょっと失敗してしまい、飼い主さんには差し上げられなかったぽむたん)


それとか、ハウスの指示でクレートに入っているシエルが顔をのぞかせているのを、

「顔を出さない!」(私)

…なんて言っている暇があったら、行動する。


20180315_205829_convert_20180321112050.jpg
(大きなお目目がかわいいなごみちゃん)


今日の総評は、

「○○(私の名前)さんは、シエルの問題ではなく、自分の問題」(先生)

…ということでした。

DSCN8312_(1)_convert_20180313120736.jpg
(同じなごみちゃんを12色の色鉛筆で。でもやはり失敗し、差し上げられず)


でも、先生の前でやったときは、先週より落ちてしまったかと思いましたが、先生は、先週より良くはなっている、とのこと。

あとは、ほめる、厳しくする、のメリハリをしっかりする。

ほめ方にも注意が必要というお話でした。

DSCN8585_convert_20180507211921.jpg
(6か月になったばかりのティル君)


一人だけ、私より後に入ってきた方がいるのですが、その方は動きにとてもキレ、テンポ、メリハリがあって、私と対照的なのです。

(というか、私に足りないところを全部持っている感じです)

その方のいいところを何とかまねようと企んでいる私です。

DSCN8525_convert_20180417211949.jpg
(うちの三枚目、シエル。ちなみにバニラは、グレーと黒だけなので、描ける気がせずパス)


もちろん、自分のいいところも伸ばしたいと思っています。


え~っと、私のいいところ…





……。


一体、どこ










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



第60回しつけ教室

2018.05.25.22:13

今日は、60回目のしつけ教室でした。


前回記事を書かなかったのですが、言われたことはやはり伝え方が弱い。

指示も強く、できた時のフォローも強く、ということでした。


それと、大事だったのは、課目の前の脚側停座の指示を強く、ということ。

これにより、次の課目の前に犬が緊張し、伏せで足を崩したりすることを防げる、ということでした。

DSCN8637_convert_20180525204620.jpg
(お仕事でお花やお野菜を扱っている先輩ハンドラーさんから今年の初もの、スイカをいただきました。
テレビでも紹介されたことのある、甘~いスイカだそうです


それを意識して一週間、練習してみました。


指示を強く伝えたり、集中が切れた時に強く注意すると、テンションが下がり、意欲的に動かなくなるシエル。


それでも、以前も同じ問題で悩み、迷って、シエルに振り回されたことのある私、今回は同じことを繰り返したくなかったので、そのまま強い態度を崩しませんでした。


…と。

何日か繰り返すと、シエルのテンションが上がってきました。

私の態度は変えていないのに。

DSCN8630_convert_20180523115003.jpg
(先日、掃除機をかけた後で、気が向いて一毛打尽をかけたら、こんなに毛が…)


今日、一通り先生の前で通し、先生に

「この一週間で何か気づいたことやわからなかったことはありませんでしたか?」(先生)

と聞かれたので、上記のことを話しました。


「それで、○○(私の名前)さんは、どうしてシエルが意欲的に動くようになったかわかりますか?」(先生)


「…わかりません」(私)


それを聞いた先生、あきれ顔で

「ほんとにわからないんですか?じゃ、どうしてそれを聞かないんですか~」(先生)

え、ええ~


だ、だって…

「私が教えてくれるだろうなんて思ってませんでしたか?」(先生)

いや、っていうか、聞いたら聞き返されるだろうと思っていたので聞けなかったんです…。

DSCN8632_convert_20180523115028.jpg
(掃除機だけでは、犬の毛は取り切れませんね~…)


それでも、やはりわからない私に、先生が言ったのは。


「覚悟ができたからですよ」(先生)


え?

覚悟、ですか?


「夏休みの宿題やれって言われても、8/3だったら、まだやらなくても、って思っちゃいますよね?でも、8/25だったらどうですか?始めますよね?」(先生)


まあ、始めます。

私の場合、夏休みの宿題は最初の3日間と最後の5日間にかかっていましたから。


「もう覚悟が決まったからですよ」(先生)


DSCN8634_convert_20180523115056.jpg
(今日もかわいいバニラです。←親ばか)


んん?

それって…

「私の覚悟のことですか


「…他に誰の…(絶句)」(先生)

す、すみません…

シエルの覚悟が決まったのかと思いました


どうやら、私がシエルの反応に振り回されずに強い態度を貫く覚悟が決まったから、ということらしいです…。

DSCN8636_convert_20180525204423.jpg
(昨日もかわいかったバニラです。←親ばか)


今日はほかに、例えば軽い指示のあとのほめ方、その逆(強い指示のあとのほめ方)、反対に軽く褒めた後の指示の強さやその逆(ハイテンションになるくらいほめた後の指示の出し方)、などを教えて頂きました。

全体を通して、先生は…。


「まあ、いいでしょう。…いいですけどね、訓練士として一言言わせていただけるなら…どうしてできるのに、本番前にここまでやらなかったんですか?」(先生)


…とのことでした。


いつも、気づくのはあとなんですよね~


でも、方向性は間違っていないようなので、安心しました。

このまま、また迷子にならないように頑張っていきたいです。


そうそう、先生より…

「自分のブログ、ちゃんと読み返してますか?何度同じことを言わせるんです!」(先生)


どうやら、レッスンを受けて、忘れないようにブログに書いても、読み返さないのでたくさん忘れているようです。


私も復習しないと…。









ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



第58回しつけ教室

2018.05.11.21:15

今日は、58回目の、そして、競技会前最後のしつけ教室でした。

なんと。


昨日まで、比較的うまくいっていたはずなのに、今日先生の前でやってみたら…


めちゃくちゃ


動きは鈍い、脚側は遅れる、アイコンタクトは全く取れない…

DSCN8583_convert_20180507213715.jpg
(最近このぬいぐるみを離さないバニラ)
※写真と本文は全く関係ありません


ご褒美を使わないと、アイコンタクトが取れないな~、とは思っていたのです。

そして、先生に見ていただくときには、リハーサルのように、本番を想定して行いますので、もちろん、ご褒美なし。


先生にアドバイスを頂いたら…


やっぱり、全体が弱すぎると。

「必ずアイコンタクトを取らなければいけない」を、伝えきれていない。

DSCN8582_convert_20180507213653.jpg


以前、甘噛みがひどかったシエルに、「絶対に甘噛みをしてはいけない」と伝えきるのに、本気で向き合いました。


その初心を忘れ、アイコンタクトが取れていなくてもなあなあにしていた私。


口先だけで、「見ろ!」といっても、自分が伝えた気になっているだけで、犬には伝わっていない。



私、どこかで、そのうち上手になったら…服従が入ったら…アイコンタクトが取れるようになるだろう。

そんな風に考えていたのだと思います。


そのうち、って、どのうち?

誰が、いつやるの?

DSCN8581_convert_20180507213624.jpg


私が、今、だったんですよね。


前々日に、大切なことに気づかされた今日。

本番は明後日なので、どれくらい練習ができるかわかりませんが、できるだけのことはしたいと思っています。


本当に天然で能天気な自分に腹が立ちますが


ともかく、あと二日。

勉強させてもらうつもりで、頑張ります










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



プロフィール

バニシエママ

Author:バニシエママ
神奈川県在住の看護師です。
甘えんぼのトイプー、バニラに癒されつつ、コイケルのシエルとは訓練競技会を目指し!
頑張っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いつもありがとう
楽しんでくれてる?
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

870位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる