第39回しつけ教室

2017.11.17.19:56

今日は、39回目のしつけ教室でした。

一昨日にがたんと落ちたテンションでしたが、今日はまあまあ戻っていました。

ただ、テンションが高すぎても、コントロールできなくて…ということがあるのですが…


だからと言って、テンションが上がるのを抑えるよりも(というか、今はわざと練習時のテンションをあげるように努めています)、そのやる気をいい方向にもっていくということが、私の理想。


よりがっちりとした力で、シエルを扱えるようにならなければなりません。

20171115_122848_convert_20171117193413.jpg
(一昨日、テンションだだ落ちの時のシエルの顔)

ただ、今まで先生に何回も、全然弱い!もっと強く!日常生活も見直して!

…と、繰り返し言われ、私としては、ハンドリングしているときの指示の仕方や注意の仕方、日々の接し方、日常生活もかなり改善したつもりで…。

これ以上、どこをどうすればいいのか、はっきり言って、行き詰っていました。


が…


これは、先日家の中で練習したもの。



あとで自分で見て感じましたが、これでは先生の前でやるときよりも、全然弱いです(あくびまでしていたし)。


先生の前でやっているときでさえ、弱いといわれるのに、この動画ではもっと弱い。


それに、先生と練習をしていると、自分の隙の多さにびっくりします。


例えばとりあえず科目の練習を終え、先生からアドバイスをいただいているとき。

シエルは脚側で待っているのですが、その時にもよそ見したり、臭い嗅ぎしたり、立っちゃったり…。


私がそういうのにすぐ気が付かないのです。

先生との話に意識が行き、シエルが頭の中からいなくなっちゃうのです。


ほかにも、今日指摘されたのは、例えば車から降ろす時。

私は気が付かなかったのですが、たまたま先生の車の横に私が停め、先生がお昼休みで休んでいるときに私がシエルを車から降ろしたそうです。

その時の下ろし方も全然弱かった、と。

20171113_120613_convert_20171117193347.jpg
(そうだよ、ちゃんとこっちを見る!)

ほかにも、アイコンタクトが取れていないのに、そのまま注意をしないで進んで行ったり、注意の仕方も弱かったり…。


先生がよく言われる、一事が万事、犬の前での一挙手、一投足…。

一瞬たりとも気を抜いたらいけないとは、こういうことなんですね。


これは…むずい。


今日は先生に始めのほうに書いたように、これ以上どこを改善すればいいかわからないと相談しました。

きっとこんなことを聞いたら、まだまだ隙だらけ、と叱られるだろと、本当はいうのには勇気がいりましたが、話の流れで相談することができ(叱られませんでした…というより、なんでそれを相談しないんですか!といわれました)、結局は今まで書いたようなところが、まだまだ改善できると理解できました。


一緒にレッスンをしている皆さんにも応援していただき、シエルも私も幸せ者です。


このご恩は、私が成長することでしかお返しできないので…。



頑張りますよ~!!




DSCN7745_convert_20171117204044.jpg
(おまけ:本日の愛玩犬、バニラ)










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

第38回しつけ教室

2017.11.10.20:32

今日は、38回目のしつけ教室でした。


ブログを読んで応援してくださっている皆さんに、ご報告があります。

年内競技会デビューを目指してきましたが、残念なことに、来年に持ち越しということになりました。


これにはかくかくしかじかと、深~い訳は…ありません。

単純に、私の力不足です。

DSCN7729_convert_20171109173514.jpg
(バニラに、新しくベッドを買いました)

シエルのフリーの時間を減らしたことによって、このところ訓練時のテンションは確かに上がりました。

でもそのテンションも、私が望む方向にうまく持っていかなければ、ただの興奮した犬。

上がったテンションを、訓練の意欲にもっていけるかどうか。

それは私との関係性や、訓練の仕方によります。


このところ、ロングリードをしていても招呼で勢いよく来すぎ、行き過ぎてしまったり、脚側で歩いていても、犬やそのほか、興味のあるものを見つけると、向かっていこうとすることがありました。

ありあまるエネルギーを、私がコントロールできないのです。

DSCN7722_convert_20171109173357.jpg
(このベッド、もちろんこう使用するのが正しい使用法ですが…)

先生に相談しましたが、それは、もとはと言えば私が望んだこと。

意欲的に喜んで楽しく訓練をしたい、と。


なので、結局は、以前よりももっと強い指示、態度が必要になったわけです。

DSCN7732_convert_20171109173555.jpg
(バニラはボンボンがあると、必ずかじります)

今回の競技会見合わせは、この状態でリンクに出したら、逃亡の危険があるとの判断。

もちろん、そうなったら私は失格ですが、それより何より、他のリンクで競技中の方々にものすごい迷惑をかけてしまいます。


私、実は一度バニラと競技していて、自分がやられたことがあります。

バニラは重度の分離不安なので、私のそばから離れませんでしたが、これでワンちゃんと遊ぶのが大好きな子だったら…。

きっと、うっほほ~い♪


て乗っちゃうでしょう。


本当に、誰もがこの日のために練習してくるのに、今までの苦労が水の泡です。


(かわいくて、あおっちゃう私もいけないのですが)

今日、先生に助言されたのは、家の中でも、もっと堂々として、シエルに弱いところを見せない。

シエルのケージの前に立ったら、何も言わなくてもシエルがお座りするくらい、とのことでした。

DSCN7728_convert_20171109173819.jpg
(結局はこうなるのでした・・)

そうそう、本部の競技会が中止になったので、もともと11/2に打つはずだった混合ワクチンに1日の日に行ってきました。

(体調が悪くなるといけないので、競技会が終わってから打つつもりでした)

Wショック…。

1つ目、診察台に上げようとしたら、ビビりションしました


2つ目、去年まで14キロだった体重が…

15.25キロに…

私、ずっとシエルは骨格はしっかりしてるけどスレンダーだと思っていたけど、先生に、「くびれがないですね」と言われ…。



訓練で使うご褒美の分はフードを減らしているつもりでしたが、予想以上にご褒美を与えていたようで…


フード、さらに減らします



そんなこんなで、応援してくださっていた皆様、すみません。


よりクオリティをあげての競技をめざしていきます。


よろしくお願いいたします










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村


第37回しつけ教室

2017.10.27.20:19

結局、書かなかったのは、第36回と、最初の1回目だか2回目だかだけ。

やはり、書いた方が自分の頭の整理になるので、皆様の興味や参考になるかどうかは置いておいて、アップさせていただくことにします。

第36回も、日記にはちゃんとつけてあるのですが、ブログのほうが、まだ冷静に、客観的に見れる気がするので、興味のない方はスルーで!


DSCN7715_convert_20171027200725.jpg
(今回の命は短かった…


今日は、いつもの河川敷が台風のため水没したため、東京都江戸川区の河川敷で行いました。

何だか、千葉より近かったはずですが、3時間近くかかりました。

このところ東名も首都高も渋滞がひどく、千葉も3時間で着ければいい方なのです。


DSCN7716_convert_20171027200758.jpg
(いくら私でも、今回ばかりは準備していなかったので、急いでぽちっとしました。これ、何個目…?今回は、少しデザインを変えてみました)


前回のレッスンで、少しシエルと遊びながら練習ができるようになったのですが…

1週間練習していたら、なんとなく・・・初めのころのほうが喜んで遊んでいたのに、だんだんあまり楽しそうにしなくなってしまいました。


先生に報告すると

「○○さんが遊びに依存するようになったからです。そうなると思ってましたよ」と。


遊びに依存・・・

う~ん、確かに、機嫌よく動いてほしかったので、遊びに頼っていたかも…。

要するに、シエルの機嫌をとっていたということになるのかな


DSCN7689_convert_20171027200502.jpg
(初めて寒くてファンヒーターを付けた日、真ん前に座ったのは私ではなく、バニラ)


とりあえず、やってみましょう、ということでやってみましたが、やはり、弱い。


自分的には精一杯大きな声で威圧的にコマンドを言っていても、シエルには響かない。

視線を外したり、勝手に立ってしまったりしたときにも、何回注意してもすぐ同じことをする。

「これでもかっていうほど反抗しますね(先生)」

「そ、そうですね…

と、言うことは、これでもかっていうほど馬鹿にされているということ。


DSCN7714_convert_20171027200634.jpg
(初めて炬燵を出せばすぐに丸まるバニラ)


先生は、先生の相棒、トイプーのきなこちゃんの完璧な訓練を見せてくださいました。

相変わらず、キレッキレの動き。

先生が厳しい調子でコマンドを言っても、かえって喜んで従っています。


きなこちゃんと先生は、もう、主従関係ができているから…(厳しくいっても、喜んで従うのでは??)


そう思い、ふと考えました。

主従関係…じゃあ、その主従関係はどうやって作り上げたのか…要するに、服従は…。



そうなると、今まで教えていただいていたことが全部そのためのことになるわけで。


一緒にレッスンを受けていた上手な方にもいろいろアドバイスをいただいたのですが…。


私、自分はやっている、やっていると思っていたけれど、実際は先生の言うことすべてはできていないんですよね。

ちゃんとはじめから先生の言われることをやっていれば、違ったかもしれないのに。

(以前の写真たちですが)

DSCN9293_convert_20171027200842.jpg
(こんなことを許したり…うう、かわいい…)

DSCN9297_convert_20171027201008.jpg
(かなり前の写真ですよ~、ほんと。炬燵が出ていて、携帯変える前ですから去年の冬くらい)


できることで、まだしていないことがたくさんあります。


今日帰ってから、バニラとシエルを遊ばせることはやめました。

トイレも、短時間のみ庭でさせ、すぐケージに。


バニラと遊ぶのが好きなシエル、シエルと遊ぶことが好きなバニラ、両方かわいそうに思いますが、シエルは競技犬。

立ち位置を中途半端にして、叱るときだけ厳しくするのは、かえってかわいそう。


とにかく、本番まで、あと9日。

できることをやっていこうと思います。


そのほか、今日言われたことは、リードに頼りすぎている。

本番ではショックは使えないので、口で強く伝えられるようにすること。


ともかくもう、全力で(今日は喉が痛くなりました)、厳しく、伝えること。

もちろん、日常生活でも。


できることもしていないのに、よくなりませんは、言わないように!



本当に、頑張ります!










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村


第35回しつけ教室

2017.10.13.20:55

あれ?

もうしつけ教室の記事は書かないんじゃなかったの??


そう思った方。


今回は書いちゃいます。

なんせ、一か月ぶりのしつけ教室ですから。


とはいっても、今日も雨。

そして13日の金曜日(全く関係なし)。


ということで、スクールでのしつけ教室となりました。

DSCN7686_convert_20171013200152.jpg
(河川敷にて。どこ見てんだ~


一通り先生の前でやって見せ、まず言われたことは、やはり、弱い。


こんなこと、言われ慣れちゃいけないのに、まだ弱いか…。と思わずにはいられません。

自分の中で強くしているつもりでも、シエルはそう受け取っていない。

シエルがどう受け取るかが結果なので、つもりも何も、結果が全て。

シエルが訓練の途中であくびをしたり、身体をぶるぶる振るのも、バカにしている証拠。

DSCN7687_convert_20171013200222.jpg
(そうでしょ?こっちを見るの!)


ただ、紐無し脚側行進はよくなった、と言われました。


多分、先生が教えてくださった、意欲を引き出す練習の成果だと思います。

ご褒美を手にもって、匂いをかがせてから、私はいろいろな方向へ動きながら、シエルを呼び、脚側につける。

どんな時も、どんな動きでもついてくるよう、シエルを自由自在に動かせるように、という助言でした。

DSCN7684_convert_20171013200041.jpg
(バニラ、トリミングの予約がまだだいぶ先で…モサ男になっています)


今日やったのも、ちょっと似ているのですが…。


シエル、何か指示を聞いた後に私が褒めても、あまり喜びません。

先生からは、シエルが口を開けて笑うまで褒める、と言われていたので、口を開けるまで粘りますが、なかなか…。

先生は以前、シエルは私をバカにしているので、わざと意地でも口を開けないようにしている、と言われていたことがあります。


それでもこちらも意地になって褒めていたら、先生より・・・

「プロレスごっこをしたほうが早くありません?」

と。



そうなんです、先生!(私の心の声)


先生の言われるプロレスごっことは、脚側についているシエルを、足か腕を使ってわざと押しやること。


以前はこれをやっているとそのまま戻ってこなかったのですが、離したら必ず戻るように練習したら、あわてて戻るようになりました。

そして以前は、いやいや戻っていたのですが、今では、この一連の動きがシエルにとって遊びのように楽しくなっているのです

なので、これをすると、すぐ楽しそうに口を開けるのです。


ということで、指示を聞いて褒める時は、シエルを遠くに押しやり、コイ、アトヘ、で脚側につける。

それを、シエルも喜んでやるのです。


今日はそれを色々な形に応用し、どんな位置でも、どんな動きを私がしても、すぐに脚側につくように、練習をしました。


これ、シエルも楽しみながら練習できるので、あくびもなし。ぶるぶるもなし。かきかきもなし。

そして、これを極めていけば、先生ときなこちゃんのように、左脚に吸い付くような動きを手に入れられるということです。

DSCN7682_convert_20171013195959.jpg
(なでてなでて~


そして今日は…このスクールに通いだして、一年半…。


大ボケの私は、ず~~~っと大変な誤解をしていました


それについては…恥ずかしくて書けません


とりあえず、実は私は、自分で天然と言っているだけで、もしかしたら天然ではないのでは?

と思うこともあったのですが…。


今日その勘違いを知り、やはり私は、折り紙つきの天然だ、と再確認いたしました。



そして、13日の金曜日…。

帰りに意味が分かりました。

渋滞で、家まで3時間半かかりました~


お昼を食べる余裕がなかったので、腹ペコで帰りました。


そして、一気食い…。


ああ、ダイエットの目標はどこへ…




さて、競技会まで三週間と少し。


天然指導手の私と、不良のシエル。

無事出陳できることができるのでしょうか?


手に汗握る本番は、11/5(日)。


頑張ります!!










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村


第34回しつけ教室

2017.09.15.22:34

今日は、34回目のしつけ教室でした。

今日も、いろいろ指摘されてきました。


でも…言われていることはいつもと同じ…。


成長がない私です。

DSCN9978_convert_20170915112624.jpg
(愛玩犬バニラ)


どこがどう、というわけではなく、全体が、弱すぎ。

注意するのも、褒めるのも、弱すぎて犬に伝わっていない。


このやり方では、100回注意しても、また100回同じことをする。

それよりも、強くきちんと伝えれば、犬は一回でいうことを聞く。


「服従が弱すぎます!」

「ちゃんとできるんだから、もったいない」

「それで全力ですか?!全力で、一回で伝わるようにしてください!」

「ハイが小さい!(私の先生への返事のハイ、です)」


etc…。

DSCN9974_convert_20170915112559.jpg
(競技犬「志望」シエル)


今日は、二人、とても上手な先輩がいらしていて、いろいろお話を聞いてきました。

一人の方が言うには、その方の犬もシエルのようだった、と

(シエルのよう、とは、飼い主を甘く見て、叱っても響かず、褒めても喜ばない)


それでもその方のわんこは今、これなら理事長賞ねらえる!というくらいしゃきしゃきしています。


だから、大丈夫、きっとできます、と言ってくださいました。


もう一人の方は、色々な練習方法を提案してくださいました。


その方に、シエルのリードを預けたら、なんと私の時よりアイコンタクトがとれてる…


だから、シエルはできる犬なんです、きっと。

DSCN9975_convert_20170915112653.jpg


今までの私の練習が無駄だったわけではないと思っています。

もし全然練習していなかったら、どんな人がリードを持ったとしても、できないはずですから。


あとは、私とシエルの関係性だけ。

DSCN9971_convert_20170915112506.jpg


そうそう、お二人に共通して言われたことは、注意するタイミング、褒めるタイミングが遅すぎる、ということでした。

お二人がこの瞬間!

と思うより、私は1秒遅く反応していると。


シエルがよそ見したり、臭い嗅ぎをしたりするのも気が付かず、先生に注意されて初めてやめさせる、というような場面もあり、全体的に私の集中が足りないのかな、と思いました。


…。

いつもここで、頑張ります!

…と書いていますが、結果が出ず、オオカミ少年のようになっているので、今回は書きません(だからって、今まで頑張っていなかったわけではありませんが)。


そして、今までシリーズのように書いてきた、しつけ教室の記事ですが、しばらくお休みしようと思います。


というのは、このところ、競技会の練習が主になり、ちょっとマニアックで、一般のわんこの飼い主様に参考になるような内容ではなくなってきていると考えたからです。

もちろん、何か進展があったり、参考になることがあったら、記事をアップしようと思っていますし、競技会の記事も、もちろん書くつもりでいます。


今までしつけ教室の記事を読んでくださっていた皆様、ありがとうございました。

この記事たちは、私の頭を整理したり、冷静に見るためにも役に立っていました。

さらなる高みを目指して行きますので、ときどき覗きに来ていただけると嬉しいです。


本当に本当に、ありがとうございました(ブログをやめるわけではないのに、何?この空気










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村


プロフィール

バニシエママ

Author:バニシエママ
神奈川県在住の看護師です。
甘えんぼのバニラに癒されつつ、コイケルのシエルとはJKCの競技会を目指し!
頑張っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いつもありがとう
楽しんでくれてる?
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
2749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1431位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる