FC2ブログ

第114回しつけ教室

2020.02.14.21:15

今日は、114回目のしつけ教室、そして、本番前の最後のしつけ教室でした。

DSC_0599_convert_20200214211730.jpg
(今私が絵を習っている先生に、バニラとシエルの色鉛筆画を描いていただくことになりました。今、写真を選ぶのに苦戦しています。これは先日、私が撮った写真。お話になりません)


一回目通す前に、先生より

「褒めるときは思い切り、黄色い声を出してもいいですから思い切りほめてください」(先生)


と言われました。


シエルは、スクールに入ってからずっと、黄色い声を出さない、厳しめに、隙を見せずに接する、と言われ続けてきました。

褒めるときも、黄色い声を出して甘やかすのではなく、鼓舞するように、と言われていました。


もちろん今日も、甘やかせと言われているわけではありません。

「分かりますか?シエルをようやく扱えて来たから、黄色い声を出してもいいといっているのですよ」(先生)

扱えて来た…それはうれしい…

line_330134837829293_convert_20200214204641.jpg
(くろ母さんが撮ってくださった写真です。私が撮ったよりずっとかわいいってどういうことですか?)


「その代わり…?」(先生)

「…指示は強く、ですね」(私)

「そういうことです」(先生)


いつも、その差(最高の褒めと、強い指示)が狭い、と言われています。

DSC_0609_convert_20200214204509.jpg
(私が撮ったシエル。なかなか可愛くないですか?)


一本目では、脚側行進で、褒めるときと注意するときがきちんとできていないといわれました。

自分がハンドリングするのに精いっぱいで、犬の反応がきちんと見えていませんでした。

こっちを見てもいないのにほめたり、アイコンタクトを取っているのに褒めなかったり…。


そして、黄色い声を出したらてきめんに、据座(犬を座らせ、10メートル離れたところで30秒待たせる)の時に、匂い嗅ぎをしたり、首をカキカキしたり…。

「分かりますか?黄色い声を出した弊害です。ああやって、ちょっとくらいやっても平気かな?と試しているのですよ」(先生)

なるほど…すごい、てきめんですね。

「なので、ちゃんと見逃さず、いけないことはいけないと伝えなければいけません」(先生)

気を抜いたらいけないということですね。

2019,7,23郢ァ繧ュ郢ァ繧」郢昴か1_convert_20190724104859(1)_convert_20200214204557
(これは家の中で撮った写真です。どうしようかな~??)


二本目では、まだ褒めが足りないといわれました。

基準は、犬が笑顔になるまで。

動きたくてうずうずするまで。

たまらず動き出すまで。


そして、あとは課目の技術的なことですが、抱っこを教えてから、あとへの指示でもとびかかって来ることがあったり(先生のアドバイスですぐに解決しました)、行進中の課目の反応が悪かったり(今から無理に直すより、時間がないので、今の状態を安定させたほうが得策)ありましたが、全体的にはまあまあと言っていただけました。

「まあ、言いたいことはありますが」(先生)



以前の私だったら、これを聞いたら気になって、言ってください!って叫んでいたと思いますが…。


まあ、先生が今言うのは得策でない、と判断するのなら、今回の競技会が終わってから改めて言っていただき、直すようにしようと、私も少し大人に(?)なりました。


さて。

本番は23日。

埼玉の、大凧上げ祭り会場で行われます。

また3時起きですが、前日が浜松に出張で遅くなります。


どうか、全力を出し切れますように。

後悔のない演技ができますように。


がんばります!!









ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



ようやくの…

2020.02.10.12:38

犬の訓練を頑張る一方、犬の色鉛筆画も、地道に続けています。


こちらは月に一度ですので、なかなか進展がなく、競技会のように期限もないもので、家でもやったり、やらなかったり…。

無理なく、楽しんで続けています。

(もちろん、犬の訓練も楽しんでいるのですが、緊張度が違います)


そんな中、去年の7月からずっと悩みながら描いてきたシエルが、ようやく完成しました。

DSCN9647_convert_20200210120950.jpg

実はこの絵は、デッサンの時は気づかなかったデッサンの狂いが、色を付け始めてから発覚し、途中でモチベーションダダ下がりになり、本当は途中でやめちゃおうかと思った絵です。


でも、先生に見ていただいている手前、途中で放棄することもできず、いつも先生が言われている、練習なんだからたくさん失敗してうまくなっていく、という言葉に背中を押され、何とか最後まで仕上げることができました。

これを何かの会に出すわけでもなく、練習の過程なので、たくさん失敗してもいいんだ、という気持ちが、何とかこの絵を描き続け、仕上げさせてくれました。

思った通り、デッサンは狂っていますが、大切な練習の過程として、心に残る一枚となりました。


こちらはおまけですが…。


色鉛筆画のお教室に、色鉛筆を持っていくのを忘れるという、私らしい失態をやらかし、仕方なく鉛筆画を練習することになった時のシエルの絵。

DSCN9648_convert_20200210121009.jpg

う~ん…。

なんとなく、のっぺりとした印象です。


次回からは、難しいといわれているプードルの練習に入ります。

もちろん、バニラもかわいく描きたいので、まず始めは、練習用のテキストのプードルちゃんを描き、それからバニラにも挑戦する予定です。

時間はかかると思いますが(競技会が優先なので)じっくり頑張ります!










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



第113回しつけ教室

2020.02.07.20:51

今日は113回目のしつけ教室でした。

寒いと聞いていたので、覚悟していったら、動いていたら暑いくらいでした。

DSCN9636_convert_20200206210729.jpg
(昨日の河川敷での練習。ちゃんとお利口に待っているのですが…)
※画像と内容はほぼ関係ありません


今日、始めに注意されたのが、シエルを鼓舞するのに声に頼りすぎ、私の行動(動き)がおろそかになっていること。

シエルにだけ動きのキレを求め、自分は足も上がってない、動作も機敏に動けていない、という感じです。


もともと足を引きずる癖があり、平たいところでも躓いたりしているので、この際、足をあげる歩き方を癖にできたらいいなと思います

DSCN9640_convert_20200206210855.jpg
(実は、練習を始めたら、小学生の課外授業に団体さんが現れ、一回通したら、囲まれてしまいました…


そして、行進中の課目の動きが鈍いことを相談したら、もう少し指示をゆっくりいうことと、しなかったらすぐ触ること(座らなかったらお尻を軽く押す、→できるようになったら、触るふり→触らない)と教えていただきました。


そして、行進中の伏せ、停座は5mのところでやるのですが、ずいぶん練習したつもりが、またつもりだけになっていました

「○○(私の名前)さんのなかでの5mがまだ全然合っていません」(先生)


距離の感覚がまだまだ甘いようです

目をつぶってやってみて、大体5メートルが当たってきたな、くらいに考えていましたが、まだまだだったようです。

DSCN9637_convert_20200206210750.jpg
(シエル、小学生に囲まれても、お座りしたままじっとしていました。軽くしっぽを振って、撫でてくれたこの手をなめたりして)


そして、今日もバカをやってしまいました

CD2は10課目なのですが、もう何百回も練習をしているのに、その順番を間違えました。

いや、堂々と間違えたのならまだいいのですが、シエルを混乱させてしまいました。


順番的には、行進中の伏せ、次が行進中のスワレなのに、始めの伏せをスワレと勘違いし、すぐに気が付いたことにより

「スワ…あ、伏せっ!」(私)

シエル…フセしてくれました

飼い主が頼りないと、犬がしっかりするものですね(いや、自分がしっかりしなさいって)

DSCN9639_convert_20200206210835.jpg
(本当なら子供たちに、ワンちゃん勉強中だから、触らないでね、って言わなければいけなかったと思うのですが…言えませんでした


一緒に習っている仲間からは(私よりず~っと上手な方です)、外での練習が少ないのではないか、ということと、ブログに何書こうか考えながら練習してるのでは?ということ、今日レッスンで先生に言われたことは今日家で復習する、ノートに書くこと、と言われました。


外での練習、やはり少ないのですかね~…?

昨日は、小学生に囲まれた後、そのままではいけないと思い、河川敷のはしごをして練習しなおしましたが、普段、日勤ではどうしても外では練習できないし、確かに毎日は外では練習できていません。

私よりずっと上手なその方にそう見えたということは、やっぱり練習不足なのだと思います。


5mの距離感のこともそうですよね。


先生にも何回か言われたことですが、自分がやっているつもりと、実際にやっていることは違うと。

自分がそのつもりなだけで、実際はできていないことはたくさんあるようです。


そして、さすがに私もレッスン中にブログのことは考えてないですし、毎回ブログにあげるわけでもないですし、備忘録としての意味もあってブログを書いているので、そこはやんわりとそんなことないです、といいましたが

もちろん、毎回言われたこともノートに書いていますが、その日のうちに(犬を動かしての)復習はできていません。

その方はレッスンの後、その日の復習をわんこを動かしながらするそうで、そういうところから、差が出るのでしょうね。


でも、先生からは、

「○○さん、うまくなってますから、もっと自信を持ってやるといいですよ」(先生)

と言っていただけ、また今日言っていただいたことを丁寧に直していこうと思ったレッスンとなりました。



さて、いつもしつけ教室の記事は、関係ない写真をあげているのですが、なんだか最近、シエルが変わってきたような気がして、昨日の写真をあげました。

(その、仲間に言ったら、シエルじゃなくて私が変わったんだ、と言われましたが)


まず、テンションが安定してきました。

以前は何か怖いことがあったり、きつく叱ったりすると、テンションダダ下がりで、動きもノロノロになっていたのですが、最近は何か以前だったらへこんでたようなことがあっても、ある程度テンションが維持できるようになってきました。

競技の課目でも、テンション下がってるかな?と思っても、招呼やハウスの指示に、素早く動いてくれるようになりました。

そして、アイコンタクトが(悲しいことに、競技中ではなく、普段)比較的取れるようになってきました。私に問いかけるような表情をよくするようになりました。

そして、昨日の小学生にいじられまくりのシチュエーションでも、嫌がって動いたり、テンションが極端に変動することなく、頭を触られても、お尻やしっぽを触られても、全く動じず、フレンドリーに振る舞うことができました。


年取ったからかな?

それとも、関係性がいいほうに向きつつあるのかな?

そう思いたいです。

DSCN9645_convert_20200206210956.jpg
(おまけ。シエルの訓練から帰ると、ポケットに入っていたご褒美の匂いに夢中。ちゃんと別にあげてますけどね)


本番まであと約2週間。

先生や仲間の言ってくれたことを無駄にせずに、頑張りたいと思います!









ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



第111回しつけ教室

2020.01.24.21:29

今日は111回目のしつけ教室でした。


昨日の雨で松戸の河川敷はコンディションが悪く、篠崎河川敷で練習しました。

019_convert_20200124204639.jpg
(くろ母さんに、バニラは意外にマズルが長いといわれたので、よく分かる写真をお見せします)
※写真と内容は関係ありません


先週の宿題、正面のコイと、抱っこですが…


実は抱っこ、始めはシエルが嫌がって、クレートに逃げ込んだり、抵抗してガウガウしたりして、全くできる気がしませんでした。

ですが、エサを使いながら根気強く教え、ようやく喜んで飛びつくようになった…ところで終わってしまっていました

先生には、形は100点、それでいいですよ、と言われましたが、肝心の目的、シエルと私の距離を縮める(常にシエルをそばにいさせる)ところまでは神経が届かず、抱っこの形のまま、後ろに下がって、と言われ、やってみたらいとも簡単に離れてしまいました(もちろんこの場合、抱っこのままついてこなければいけません)。

また、練習のし直しです!

020_convert_20200124204654.jpg
(こんなカットにしていたこともあったな~…)


そして、今日指摘されたのは、行進中の伏臥、停座の練習を、犬なしで繰り返すこと。

行進中の作業は、5mで伏せ、スワレをするのですが、その距離やタイミングが合わず、シエルを混乱させていました。

私は、5メートルまでを歩数で決めていたのですが、毎回その距離が違う。

実際のしるし(ちゃんと印がついています)を見る余裕もありませんでした。


先生は、目をつぶって歩いても、ここが5mとわかるくらい練習したそうです。

IMG_8946_convert_20200124205052.jpg
(若かりし頃のバニラのプール遊び)


また、指示から実際に動き始めるまでの細かいタイミング、前からうまくいかないと思っていた左折のコツ、犬が面白がる追いかけっこの仕方など…。

色々具体的なアドバイスをいただき、とても実のあるレッスンになりました。


また次回までの課題もたくさんですが、このところ、訓練がとても楽しいです。

この意欲をなくさずに、次につなげていきたいです










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



第110回しつけ教室

2020.01.21.21:32

大分書くのが遅くなりましたが、先週の金曜日は、110回目のしつけ教室でした。

20200109_194937_convert_20200121202631.jpg
(私の大きなおなかに顎を乗せて寝るのが好きなバニラ)
※写真と内容は関係ありません

今、一緒にレッスンを受けているのはもう一人、何年も習っている方で、とても上手な方なのですが、先生の指導内容もそのレベルに合わせて、全く変わってきます。

例えば、私はいまだに30mのコの字のリンク、ずっと集中してコーナーやターン、スピードなど気を配ることができず、そのたびに注意を受けていますが(例えば、アイコンタクトを取ろうとしていると、スピードが遅くなったり、帰りのターンのことを気にしていると、走る速度やシエルへの注意が全然それていたり…)、その方は、もうそういう注意は全くなく、犬とコミュニケーションを取りながらの指示や、そのタイミング、犬にわかりやすい指示の仕方などを教わっています。

それを聞いているのもとても勉強になるので、いつかは私もそのレベル、と思いながら聞いているのですが、聞いていると、つい、自分もできるような気がして…。


その日、その方に先生がしていた、行進中の伏せの指示の仕方、犬にわかりやすいヒントの出し方、などの指導を見ていたら、次に私がやる番で、できもしないのに、つい、そのまねを…


「○○(私の名前)さ~ん、足と手が一緒に出てますよ(苦笑)」(先生)


…玉砕しました


20200105_101607_convert_20200121202600.jpg
(バニラ、先日混合ワクチンに行ったときに、白内障が気になり見ていただいたら、やはり少し出ているといわれ、目薬を始めました)


今回言われたのは…。


コイ、で正面で呼び寄せること。

それも、できるだけ近くに(脚側につかせる習慣がついているので、どうしても左に入りたがります)。

そして。

「シエルは○○さんに飛びつきますか?」(先生)

「あ、はい、留守番の後とか、飛びつきます」(私)

本当は飛びつかせたらいけないといわれていたのですが、どうしても、興奮していると飛びつきがあります。

「じゃあ、飛びついてもいいので、飛びついたら、シエルがダラダラになるくらい、力が抜けるようにしてください。抱っこだと思って」(先生)

力が…。

「あとは、コイで正面から呼び寄せること。この二つをやってきてください。なぜだかわかりますか?」(先生)

…う~ん…。

「…わかりません」(私)

「ほら!考える!」(先生)

そう、先生は考えもしないで‟分からない”って答えばかり求めるのを嫌います。


「え~っと、え~っと、飼い主に身をゆだねることを知るため」(私)

「…なるほど。まあ、私が思っていた答えとは違いますが、そういう考え方もあるでしょう。もっと、課目として、分かりませんか?」(先生)

その代わり、考えても間違ってしまった時は、責めません。

でも、さらに求めてきますが…

20200113_183629_convert_20200121202657.jpg
(やめろぉ~!By バニラ)


課目として…

「まさかと思いますが、本当に、抱っこの課目を?」(私)

16キロ超えのシエルを、まさか…

先生、んなわけないだろう、のため息をつきました。

「○○さんとシエルの苦手な課目は何ですか?」(先生)

「え、えっと、アイコンタクト、行進中の伏せ、停座…」(私)

全て言わせずに、先生

「脚側行進ですよね!脚側行進でシエルが離れていっちゃいますよね。だから、すぐ近くによることを教えるんですよ。正面でも、抱っこでも、脚側でも、自由自在に」(先生)


な、なるほどぉ…私、自分の苦手科目さえ分かっていなかったようです




そして、そんな宿題が出て、本日4日目。


苦戦しております。


来週、どうなるか、緊張します。


シエル~!

一緒に頑張るんだよ~!



手に汗握る次回のレッスンまで、あと3日。










ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村



プロフィール

バニシエママ

Author:バニシエママ
神奈川県在住の看護師です。
甘えんぼのトイプー、バニラに癒されつつ、コイケルのシエルとは訓練競技会を目指し!
頑張っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いつもありがとう
楽しんでくれてる?
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
2370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1242位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる